テナント空室対策

ビルのオーナー様や店舗物件の所有者の皆さまにとって長期空室は頭の痛い問題です。特にビルの1階や2階部分はキャッシュフローや所有物件の体裁に関わることなので、空室で悩んでいるオーナー様が多いのが現状ではないでしょうか。日本テナントサービスでは、そうしたお悩みのオーナー様にヒアリングを行って状況に応じたアドバイスをさせていただきます。

賃料改定・入居者選定基準の見直

時代と共に周辺環境や賃料相場も変動しますので、まずは所有テナント物件の入居状況や周辺の賃料相場との比較が必要です。また、飲食店というだけで入居者を敬遠するオーナーを数多く見受けますが、お店によってはテナント物件の価値が上がることも考えられますので、判断される前に私どもへご相談ください。

テナント出店企業へのアプローチ

優良なテナント企業をお探しでしたらご相談ください。当社の取引テナント企業は約2,000社です。飲食・物販・サービス業の中からオーナー様のテナント物件に合った入居者をご紹介いたします。

各媒体への情報発信

ビルオーナー・管理会社様から依頼を受けた空室を不動産情報ネットワークや各媒体へ掲載し、迅速な成約を目指します。

コンバージョンのご提案

空室対策としてコンバージョン(用途変更)も有効な手段です。事務所だけの場合は入居者も限定されますが、用途変更ができれば入居者選定の幅が広がり募集しやすくなり、場合によっては賃料を高く取ることも可能です。例として、「店舗・レンタルボックス・会議室・SOHO」などが考えられます。長期空室でお悩みの方は当社へご相談ください。