閉店・退店コンサル

店舗は出店だけではなく、やむを得ず「閉店・退店」を余儀なくされるケースがあります。その場合、閉店・退店が決まったら早めの対策が重要です。それは運営上のロスが発生し、違約金、原状回復費用につながりかねないからです。閉店・退店の場合色んなケースが考えられますが、日本テナントサービスの「閉店・退店コンサル」は公開せずに次の借主を水面下で探すことができる画期的なサービスです。

 

メリット

■依頼を受けた情報が第三者へ漏えいしないように守秘を厳守いたします。
■テナント出店企業(約2,000社)とのネットワークがございますので、水面下で希望に合っ
た借主を探すことができます。

 

公開できない閉店・退店情報 成約への7つのステップ

 

STEP1 閉店・退店の意思決定


閉店・退店は早めの決断が重要です。
店舗は出店だけではなく、やむなき理由で「閉店・退店」を余儀なくされるケースがあるようです。特に定借物件や居抜き物件は退去までタイムリミットがあり、賃借人は早期に対処する必要があります。

 

STEP2 登録シートに閉店・退店情報の登録

既存店舗の条件と希望業態を選択できます。
登録シートに現在の店舗の条件(賃料・面積・所在地など)を記入いただきます。また、転貸される場合、どの業態でもいいわけではないと思いますので、依頼者は借主もしくは転貸される希望業態をシートにご記入ください。
→閉店・退店登録シートはこちらから

 

STEP3 登録内容の確認

登録内容を確認し、ベストマッチを実現します。
登録内容を事務局で確認し、依頼者の希望業態に合った借主希望者(不動産会社、テナント企業)へご紹介いたします。ベストマッチできるように情報配信企業を厳選いたします。

 

STEP4 該当業態へ匿名で配信

希望業態へ匿名紹介(配信)いたします。
お預かりした閉店・退店情報を匿名で希望エリアの借主希望者(不動産会社、テナント企業)へ配信いたします。匿名なのでこの時点では依頼者の名称は相手側には公開されません。
【情報配信ネットワーク企業】 不動産会社10,000社  テナント企業1500社

 

STEP5 依頼者へ反響報告

反響の中からベストマッチが可能になります。
配信先からの反響は事務局から依頼者へ報告(送信)されます。依頼者はその中から希望に合った借主希望者(不動産会社、テナント企業)を選択することができます。

 

STEP6 条件交渉

条件の合った借主希望者との交渉。
当社から送られる借主情報で希望にあった借主希望者(不動産会社、テナント企業)と交渉ができます。当社は介在しませんので自由に交渉ができます。
※当社でも厳選しますが、閉店・退店情報だけを集める「おとり反響」もございますので、身元確認は慎重に!

 

STEP7 ご成約

ご成約!
借主希望者が内定したら早速契約です。依頼者は直接希望者(不動産会社、テナント企業)と契約できます。契約には当社は介在いたしません。

閉店・退店コンシェルジェ 問い合わせ

閉店・退店登録シート